ULTRA JAPANから考える、引退した天才DJ・AviciiがEDMに遺したものの意義

人類が「Avicii(アヴィーチー)亡きEDM」という世界線に移行してから、早3週間が過ぎた。そして私たちは、その世界線上でULTRA JAPANを迎えている。

EDMとはなんなのか

日本でフツウの人が抱いているEDMのイメージといえば、パリピでウェーイなクラブミュージックといったところだろう。キーワードは六本木、アゲハ、DJ、日サロ、ビーチ、など。それは決して間違ってはいない。いまでも毎週のようにマイアミやラスベガスやイビサでEDMのパーティーが繰り広げられているし、今週末行われているULTRA JAPANはパリピにとってのメッカだ。

しかし、その定義は、EDMを語るのに十分とは言えない。いまEDMは成熟期を迎え、洗練された、また実験的な曲が次々と生まれるホットな音楽ジャンルとなっている。そしてその歴史がなぜ書き換わったのかを知るために、AviciiというDJの存在について、書き記しておかなければならない。

(参考:  【2016年】スウェーデン人DJ Aviciiは、なぜこんなにもすごいのか?【来日記念】)

Aviciiのすごさ

AviciiがEDM界に遺した功績をひとことで表すならば、「EDMというジャンルにメタ的な視点を導入した」というところに尽きると思う。EDMの曲は単純だ。四つ打ち、縦ノリ、カモンセクシーガールズ、エビバデシェイキッナウ、プッチャハンズアップ…その単純さは、お酒を呑んで浮かれて踊るためだけを目的として設計された機能美であり、様式美だ。

Aviciiはそのインスタントでコンビニエントな曲ジャンルにこそ反抗した。あえて曲調にカントリーやソウルの要素を取り入れた。酒、クラブ、ダンスといった歌詞から背を向け、また毎夜繰り広げられるパーティーの空虚さを隠喩した。そこで語られたのは、生きる意味、友だちの大切さ、家族の大切さ、故郷への郷愁、といった普遍的なテーマ。同時にそれは何よりAviciiにとっては個人的なテーマでもあった。

Aviciiがキャリアを積むにつれ次第に、その想いはよりストレートにEDMというジャンルがもつ拝金主義・ウェーイ感への嫌悪へと向けられていく。”Sunset Jesus”では「カリフォルニアは一見すべてが金色に見えるが、実は苦しみがそこかしこにある場所だ」と名前を挙げているし、「金よりずっと大切なものがある」「何百万マイル行ってもたどり着けない」といった焦りにも似た歌詞が増えていく。そして、ストックホルムへの恋しさをこれでもかとばかりに表現した「Back where I belong」を最後に、AviciiはDJとしての一線を退いた。

なぜ、Aviciiは引退してしまったのか?

なぜAviciiは引退したのか。

これは日本語メディアだと「体調不良」などとしか書かれていないが、本当の理由はハッキリしている。

AviciiはパリピでウェーイなEDM界が、我慢ならないほど嫌だったのだ。

ビルボードのインタビューでAviciiはこう語っている。

“The scene was not for me. It was not the shows and not the music. It was always the other stuff surrounding it that never came naturally to me. All the other parts of being an artist. I’m more of an introverted person in general.It was always very hard for me. I took on board too much negative energy, I think.”

「(EDMの)シーンが嫌だった。ショーや音楽ではなく、その周りのほかの部分がいつも自分に違和感を与えていた。アーティストとして生きること以外の、すべて(が嫌だった)。自分は本当はもっと内向的な性格で、だからそれはいつも苦痛だった。そのことに、ネガティブなエネルギーを使いすぎてしまった」

世界中でショーを行う世界トップクラスのDJがそこで何を見るのか、私たちには知る由もない。しかし、むしろ積極的にパーティーを回し、シーンを醸成する役割をもつDJが「シーンが嫌だ」と言って引退をした、ということの衝撃は大きい。そして私たちはそこに、ポップカルチャーとして大量消費されることを選ばなかった、ひとりのアーティストの美学を見るのだ。

予想以上に長くなったので続きます!ULTRA スペシャル!


One thought on “ULTRA JAPANから考える、引退した天才DJ・AviciiがEDMに遺したものの意義

投稿

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s